大阪市の陶芸体験・陶芸教室 ~大阪湾の海底粘土から作る『難波津焼』~

スタッフ紹介Staff Introduction

陶芸家・舞洲陶芸館講師 岩本悠
大阪府出身
2005年 大阪芸術大学工芸学科 陶芸コース 卒業
自然からのインスピレーションでイメージや形にあった模様を粘土に押しつけて(印花技法)表現しています。
鮮やかな色は上絵付け(本焼成の後に低温で発色する絵具で絵や文様を施すこと)による発色です。
玉づくり(つまみ出し)や手びねりで成形しています。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

陶芸家・舞洲陶芸館講師 木林由佳
香川県出身
2010年 大阪芸術大学大学院 陶芸コース 卒業
作品の表面に下絵具を塗って着色し、針でひっかいて模様を描く『掻き落とし』という技法を用いて加飾しています。
模様は植物や動物の細胞をモチーフとし、なるべく下書きはせず、その時の気分や感情に任せて、思いのままに描いています。
刻一刻と変わる自分の内面を作品に刻み込むような感覚で制作をしています。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

陶芸家・舞洲陶芸館講師 奥野利彦
京都府出身
1996年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科 陶芸専攻 卒業
シンプルかつ機能性を重視した器を制作しています。
土や釉薬、彩色原料は天然原料を主に独自に調合しています。
色数を制限し素材の特性を活かす造形を模索中の日々です。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

陶芸家・舞洲陶芸館講師 松本真季
大阪府出身
1995年 京都精華大学美術学部造形学科陶芸コース 卒業
作品全体のフォルムや表面の仕上げの質感を大切に、丁寧に作ることを心がけています。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

陶芸家・舞洲陶芸館講師 北側雄一
大阪府出身
2007年 京都府立陶工高等技術専門校 修了
日々の生活の中に溶け込み、気が付くといつも手にとっていて、常に使いたいと思われるような魅力のある器作りを目指しています。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

陶芸家・舞洲陶芸館講師 岡部元信
大阪府出身
1999年 大阪芸術大学 卒業
動物や虫等をデフォルメした作品や、粘土独特のマチエールを活かした作品など、その時々によって興味のあるものをモチーフにし制作しています。

作品紹介

クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • TOP
  • スタッフ紹介

PAGE TOP